2010年05月26日

『残念な人の思考法』

『残念な人の思考法』を読みました。
「残念な人」にならないためには、「考え方の出発点=プライオリティ」が大事。出発点とは、そもそも何のためにやっているのか、その目的を踏まえて発信するということです。

そして、読後感はといえば、「まぁ、そうですよねぇ」、という感じ。言いたいことはわかるのですが・・・ちょっと物足りなさを感じました。

そんな中でも、よいなぁと思ったのは、日常的にやっていることであっても、「1億円が財布に入っていたとしたらやらないことは、やる必要がないこと」というフレーズ。確かに、そういったことに気を取られ過ぎているのかもしれません。日常の行動を振り返ってみてもよいと思いました。


posted by 旅するコーチ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。